アカウント
知りたい内容を選び、タップしてください。
初めての方へ初めての方へ
食べっプリで出来ることは? 詳しくはこちら
このアプリは

このアプリは

食べっぷりイメージ画像

新宿食支援研究会のワーキンググループ、「E-KEKKA委員会」で考案した管理栄養士さんの栄養評価や指導業務を支援するアプリです。

主に在宅向けの訪問栄養指導の現場で、管理栄養士さんが利用者さんの栄養評価のデータを入力しやすくすることや、そのデータを医療・介護関係者やご家族などに分かりやすくレポートとして報告するために作成しました。

訪問栄養指導の現場でかんたんに入力でき、そしてその結果が分かりやすく見えることを意図して、アプリ化しました。

閉じるボタン
データの内容は

データの内容は

栄養管理計画書

在宅向けの訪問栄養指導の現場でも簡単に分かりやすくを前提に、アプリで扱うデータは次のように絞り込んでいます。

【利用者の身体情報】
・身長、体重 、BMI
・栄養管理に関する定量情報
・3大栄養素の摂取量
・エネルギー総量
・特記栄養素の摂取量(利用者さんに応じて食塩、水分、カリウムなど)
・栄養指導に関する定性情報
・管理栄養士からコメントやアドバイス
→データの内容や入力は、メニュー②入力・評価でも、紹介しています。

これらのデータを訪問の度に入力・評価していき、レポートとして報告することができます。

閉じるボタン
在宅訪問管理栄養

在宅訪問管理栄養とは

在宅訪問管イメージ画像

訪問栄養指導は、療養者・要介護者が住み慣れた地域で安心して生活できるように、管理栄養士が自宅等へ出向き、栄養面からサポートするサービスです。

療養者・要介護者やその家族などに対して、栄養や食事に関する指導を行い、悩みや心配事に耳を傾け、生活の質が向上するように支援を行っていきます。

訪問栄養指導の主な適用方法には、介護保険適用サービスの「居宅療養管理指導」と、医療保険適用サービスの「在宅患者訪問栄養食事指導」の2種類があります。

どちらも医師の指示に基づき、月1~2回、療養者・要介護者の自宅等へ訪問し、30分以上の栄養指導を本人やそのご家族へ行います。

訪問栄養指導の利用も行える管理栄養士もまだ少ないのが現状ですが、今後、在宅での栄養管理のニーズは高まっていくことが見込まれ、訪問栄養指導も一層の普及が期待されています。

[参考]日本栄養士会の特定分野認定制度「在宅訪問管理栄養士」

閉じるボタン
アプリの利用料金は

アプリの利用料金は

アプリ利用料金イメージ

アプリの基本的な機能である、

・データの入力や閲覧

・そのデータをレポートにした出力・報告は無料版アプリでご利用いただけます。

(なおデータ通信については、通常の通信料が必要となります)

今後は、アプリの機能追加(栄養に関する加算に対応など)や取り扱うデータの増加(画像や動画など)の際には、一部、有料となる場合があります。

閉じるボタン
Copyright © Flow Motteco Co., Ltd. All rights reserved.